2020年7月4日・ドクターイエロー見物録

 前回の記事にて、7月4日に東海道・山陽新幹線の新型車両“N700S”に乗車した話をしました。本来であればそこで旅の目的は終了したはずだったのですが、東京駅を降りて列車案内板を確認したところ、「回送983」という非常に気になる表記が…。

 今回はそんな幸運の新幹線「回送983」に遭遇したお話です。

特別な番号「983」

 すでに記事タイトルでお分かりだとおもうのですが「回送983」とは「ドクターイエロー」のことです。

 新幹線の列車にはどの列車にも必ず番号が割り振られます。例えば直前に乗った「のぞみ290号」など。

 その中でも「9××」と示される900番台は、かなり特殊な運用をされる列車に割り振られる運用番号であり、ドクターイエローをはじめ、特殊回送などかなり貴重な運用がなされるマジックナンバーなのです。

 今回は本当にたまたまそのマジックナンバーの一つ「983」に遭遇。まだ時間が空いていたので、東京駅でその特殊車両を待ってみることに。急いでご飯を食べホームに再び上がりました。

スポンサードリンク

幸せの新幹線・ドクターイエロー

 すると、直前まで停車していたこだま号が発車。その直後、あの黄色い新幹線がやってきました。

 新幹線のアイドル、ドクターイエローです。本当にすごい人!どこから情報を見つけてきたの?

 そしてドクターイエローは東京駅ホームの奥側に停車。これから2日間に渡る検査に向けて走り出す準備をします。

 しかし、やたら車体がきれい。直前に洗車でもしたのでしょうか?

 短い停車時間に撮れるだけ写真を撮っておきます。こちらはドクターイエローの窓から見えた階段状の設備。パンタグラフの監視室への階段ですね。

 また、今回やってきた車両は「T4編成」と呼ばれる車両。JR東海のドクターイエローですね。

 実はドクターイエローは全く同じ仕様の車両が2編成存在し、今回入線してきたT4編成とJR西日本籍の「T5編成」があります。お互いに交代しながら線路の検査を担当しています。

 それにしても、T4編成はTwitterで公開している漫画の主人公なだけに、今回このような形で出会えたのは嬉しかったです。

 撮影しているうちにお隣のホームにN700系が入線。考えてみれば700系東海道引退後に初めてドクターイエローを見ました。ものすごく当たり前のように700系顔の新幹線を撮影していましたが、こうして東京駅に700系の形をした新幹線が来るのは10日に一度しかないレアイベントになってしまったのですね。

 自分たちよりずっと足の速い後輩たちに交じって新幹線の安全を守り続けるドクターイエロー。そう思うとなおさらその偉大さを感じます。

 夢中で撮影しているうちに、あっという間に発車時刻となってしまいました。ギラリとライトを光らせ、博多に向けて出発していきました。

 短い時間でしたが、本当に幸運で貴重な体験になりました。

 以上、ドクターイエロー見物録でした。700系無き今、ドクターイエローも後何回見れるか分からない車両。できる限りの記録をしておきたいですね。

スポンサードリンク

2020年7月4日・N700S乗車録

 2020年7月1日、ついに東海道・山陽新幹線に新型車両N700Sが登場しました。N700系の名を継ぎながらも、13年ぶりのフルモデルチェンジ車として登場したN700S。

 この7月4日、デビューしたてほやほやの新形式に乗ってきました!

一駅乗車だけで分かる恐ろしく快適な車内

 今回のN700Sの乗り鉄の旅は品川→東京の一区間。今回はあくまでも記念乗車として位置づけ、思い出としてN700Sに乗る、ということを目的としました。

 品川駅の駅構内にはこんなポスターが。新型コロナウイルスの流行により、東海道新幹線も大打撃を受ける中、N700Sに希望を見出さんとするJR東海の心意気が感じられます。

 発車時刻も近いので駅ホームに移動しましょう。目的の列車はまだ先でしたが、その直前に来た列車がまた特徴的な車両でした。

 それがN700系X1編成。今回乗車するN700Sとは異なりましたが、このN700系X1編成は、N700系の量産トップナンバーとして誕生した車両。正確な意味でのN700系第一号とは異なりますが、N700系の廃車が始まりつつある中、このような旧型車両のトップナンバーを見ることが出来たのは幸運でした。

 じつはこの後もっとすごい幸運が来ますが、それはまた別の話。

 そうしてX1編成を見送ったのち、ついに目的の車両がやってきました。

 N700S・のぞみ290号東京行きです。

 品川駅は途中駅であるので、のぞみ号はすぐに出発してしまいます。写真撮影は東京駅でゆっくりするとして、ひとまず車内に入ります。

 入ってみるとガラッガラの車内。乗車している方の人数を数えてみましたが、なんと私含めて3人。たまたま大阪や名古屋方面から東京へ向かうときにN700Sに遭遇した、としか思えない乗客層でした。

 いくらコロナの不安があるとはいえ、外出自粛要請もなくなっており、ましてやデビュー最初の土曜日にこれは…、と思いました。

 しかし、乗客の少なさは車内で写真撮影ができる絶好のチャンス。短い時間で最新の車内設備を撮りました。

 上の写真はN700Sの座席。既存のN700系とあまり変わらないように見えますが、実際に座ってみると快適すぎる座り心地。これはかなりビビりました。

 背面のリクライニングを倒すと座面も一緒に動く仕組みになっているので、リクライニングだけで座るよりもずっと楽な姿勢をとれるみたいです。

 N700Sの設備において最もグレードアップされたのが「各座席ごとのコンセント」。これまでは壁際のみの設置だったのですから、ずいぶん便利になったものです。

 そしてこれまでのN700系とN700Sを大きく違うものにしている設備がこの車内液晶ディスプレイ。大きい画面になったのもそうですが、2段式で非常に見やすい構成になっているのが見て取れます。

 また、各座席に個別にフックが設けられているのも特徴的。N700系ではコンセントと同じく壁際にのみの配置でしたが、N700Sでは各席の乗客が別個に使うことが出来るようになっているのです。

 そんな最新設備に大興奮しながらも、今回はわずか一駅7分の乗車。すぐに東京駅に到着です。

 荷物棚のあたりがぼんやりと明るくなってきました。N700Sには停車駅が近づくと照明が自動で点灯する機能があります。これもまた新しい機能です。

スポンサードリンク

大人気!N700Sの撮影会!

 そうしてあっという間に東京駅に到着。乗ってきたN700Sは折り返し新大阪に向かうため、車内清掃と出発準備に入ります。

 こうして改めて眺めてみると、エッジの効いた顔がまた凛々しいです。まさに新しいN700系ですね。

 しかし、まぁ、N700Sを目的に撮り鉄に来た人が多いのなんの。この後にやってくる特別な新幹線のこともあり、親子連れも目立って多く、車内よりも駅のホームがずっと「密」な空間に…。なんだか、本末転倒だなぁ…。

 そうは言っても今回はN700Sを撮るためにわざわざ東京駅にまで来たのです。折り返しの出発までの間にN700Sを写真撮影。

 上の写真は1号車の乗務員扉付近であり、N700Sの塗装を印象付けてい3本の青いラインが集合する箇所でもあります。

 また乗務員扉の文字からこのN700Sが“J3編成”と呼ばれるものであり、N700Sの中では3番目に作られた車両ということになります。こういうところも鉄道ファンとしては気になるところです。

 N700Sのために新たに用意されたロゴもパシャリ。金色に塗られた「S」の文字はまさに「Supreme」の象徴そのもの。N700Sを開発したJR東海の理想が込められているデザインとも言えます。

 そうやって夢中で写真撮影しているうちにN700Sは出発準備を整えました。先ほどの1号車のランプが赤から白色に代わっています。

 こうしてN700Sは再び新大阪駅へと向かっていきました。

 以上N700Sの乗車録でした。N700Sは試験用も含めてまだ5編成の小所帯。130ものN700系が走る東海道新幹線ではレア度はまだまだ高いです。

 しかし、いずれN700Sも数を増やしN700系を置き換えていきます。これからはN700Sが当たり前の存在となり、いずれ日常にありふれた存在となっていくのです。

 その時はまた、一駅などと言わず、N700Sでゆっくり遠くまで行ってみたいですね。

 さて、目的のN700Sに乗車したため、本日の目的はこれでおしまいだったのですが、ふと乗降案内板を見たところ「回送983」という非常に気になる番号の列車が…。予定を変更して少し待ってみることに。一体何が来るのやら…

 次回は偶然に訪れた幸運の新幹線のお話です。

スポンサードリンク

池袋の電車のカットモデルのあるカフェに行った話

 どうも、石川定治です。今回は6月19日に所用で池袋に寄りました。そこで待ち合わせまでの時間が空いたことを利用して池袋にある「電車のあるカフェ」に行ってきました。

 それがこの池袋丸善内にあるMARUZEN cafe。このような店内には電車のカットモデルが置いてあります。噂には聞いてましたがものすごいインパクトですね…。

 もともとこのビルのオーナーが雑誌「鉄道ファン」の元編集長であった由縁で、丸善池袋店開業と同時に展示が実現しました。2017年より鉄道ファン向けの飲食店として親しまれています。

 まず店舗外側から左側に見えるのが西武2000系。黄色い車体が特徴的です。

 その右側には京急の車両が。京急800形と呼ばれた車両ですね。“ダルマ”の愛称で親しまれていました。黄色い西武の2000系と良いアクセントになっています。

 よく見ると運転台にダルマが!遊び心があっていいですね(笑)

 店内に入ってみましょう。中身は普通のカフェですね。西武と京急の車両運転台後部が見えます。そして、もう一台のカットモデルがお出迎え。

 東急7700系です。池上線や東急多摩川線で活躍していた車両ですね。私にとっても非常になじみ深い車両であり、古い知り合いに再開したような気分でした。

 西武と京急の車両については運転台後方部の構造を見学することが可能でした。プレートなどがそのまま残っているのも好印象です。

 以上、池袋の電車のカットモデルがあるカフェに行ったお話でした。

スポンサードリンク

ソーシャルリンク集

運営サイト

メインブログ・Lubricant

主にプラレール・鉄道系のサイト。現在はプラレールマニア向けの情報サイトに作り替えている途中。プラレール以外の鉄道系の記事はLidenskapに移設予定。

サブブログ・Lidenskap

本サイト。趣味ブログとして開設。プラレール以外のことの日常的なことを何でも書いていきます。

SNS

Twitter

メインアカウント(石川定治本人アカウント)
プラレール運転会・展示会情報
ジェンビューなりきりアカウント

※ジェンビューはスターアイランドさんのオリジナルキャラクターです。ご本人の公認の元運営させていただいております。

Facebook

Instagram

pixiv

YouTube

Lubricant/石川定治 (プラレール・鉄道系)

Lidenskap/石川定治(ゲーム実況・その他趣味)

石川定治のおもちゃ箱(二次創作動画・権利関係により収益化できないもの)

同人誌通販情報

メロンブックス

とらのあな

DLsite(電子書籍)

新幹線擬人化漫画・T4ちゃんの裏設定まとめ

ここでは漫画T4ちゃんの表に出ない設定をまとめて記載していきます。

引退後の車両について

引退後の車両の擬人化は、「一般人女性として生きていく」が基本的なルートとなります。消えてなくなるわけではありません。

ただし博物館内の保存車両などはこの限りではなく、擬人化は継続。その博物館や車両基地内で学芸員や作業員、事務員などとして活躍しています。リニア・鉄道館の300系量産車のように、車両が世界から「完全に消滅した」瞬間、一般人としての生活がスタートします。

なお引退した車両たちは互いに「連絡会」を作り、時折交流しているそうです。

在来線の車両の擬人化はある?

現在のところ在来線の車両の擬人化を作る予定はありません。ただし、そのような在来線の車両の擬人化体はきちんと作中世界にも存在しており、新幹線組と互いに交流を持っています。

いずれ派生作品としてドクター東海ことDR1ちゃん(在来線版のドクターイエロー)などもやるかもしれません。

East-iなどは妹分としてDちゃんやEちゃんがいるそうです。

キャラクターに本名はある?

ありません。少なくとも擬人化体である限りは編成番号もしくは列車愛称、およびそれを基にしたあだ名で呼ばれます。引退後に一般人として、別個名前が与えられます。

擬人化したキャラクターは担当線路以外も自由に移動できる?

できます。例えば九州新幹線800系の擬人化体が北海道の新函館北斗駅に行くことも可能です。その時は一般人として新幹線などで移動します。鉄道で行けなければ普通に車や飛行機、船などでも移動します。

スポンサードリンク

発達障害だと診断されて2週間ほどたちました

 どうも、石川定治です。ぼちぼちLidenskapのほうも書き綴りたいと考えています。何でもかんでも書きたいことを書いていく感じです。

 そんな私のここ最近の大きな出来事といえば発達障害であると診断されたこと。コミュニケーションに障害があるASD(自閉症スペクトラム)であるとの診断が下されました。

 いわれてみた感想は、思ったよりもショックだった、ということです。多分そうなんだろうという思いで病院での検査を進めていましたが、いざ言われてみるとこれまで我慢していた感情があふれ出てきて止まらなかったというか。

 これまでも中々友達が出来ずに先輩後輩とのコミュニケーションもうまくいかず、いじめも受けていただけに、「もっと早く分かっていれば…」との思いが沸き上がってきました。私個人としては人と違うことはあまり苦ではなく、それ以上に普通の人と同じであることに苦しみを感じていた人間であるので、初めからASDである前提で人生を歩んでいれば失わずに済んだものもたくさんあったのではないかなと思うばかりです。こればっかりは「もしかして」の話でしかないので何とも言えませんが、それでも過去の辛かった経験が思い出されてしまいます。

 そうしてASDと診断されて2週間ほどたちましたが、私は特に何も変わりません。元気です。誰も変わらず接してくれますからね。

 まだだらだらと大学院生を続けていますが、この特性について知り、これからの生活を楽しくしていけたらなー、と。そんな風に思っております。

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について
当サイトでは、第三者による広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を使用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集を行っており、個人の特定することはありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することができます。お使いのブラウザの設定をお確かめください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをお読みください。

当サイトへのコメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。
これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。
またメールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。
全てのコメントは当サイトの管理人である石川定治が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となります。予めご了承下さい。
また、下記に記す内容を含むコメントは管理人の判断によって承認せず、削除する事があります。

  • 特定の人物または団体を誹謗、及び中傷するもの。
  • 極度に猥褻な内容を含むもの。
  • 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
  • その他公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

著作権について

当サイトは著作権の侵害を目的とするものではございません。 使用している版権物の知的所有権は著作者・団体に帰属しております。著作権や肖像権に関して問題がございましたらお手数ですがこちらからご連絡下さい。
著作権所有者様からの警告及び修正・撤去のご連絡があった際には迅速に対処させて頂きます。

2020年6月10日 石川定治

趣味ブログ・Lidenskap始めました

 どうもこんにちは、石川定治です。長らくプラレール・鉄道系サイトLubricantを運営してまいりましたが、この度その他の趣味のサイトとしてLidenskapを立ち上げました。

 新サイトとしての始まりですが、基本的にはライブドアブログで運営していた旧「Lidenskap」の引っ越し先のサイトとなります。Lidenskapは姉妹サイトであるLubricantのサブサイトになりますが、Lubricant本体では書かないような漫画やゲーム・その他日常のことも発信していければいいと思います。また私石川は、TwitterやYouTube、pixivなどで漫画や動画作品等を発表していますが、その情報発信の場としても活用していきたいと考えています。

 しばらくの間手探りの状態が続きますが、ご愛顧をよろしくお願い致します。